2017年10月14日

育毛剤ミノキシジルの効果で薄毛からフサフサ髪へ!

毛生え材料の代表格はミノキシジルです。長年数々の育毛促進剤に使用されてきた成分ですが、吸収率があまり良くないというデータと、副作用の報告もあって、人によってはあまり効力を発揮することができませんでした。
この欠点を解決したのがミノキシジル誘導体です。発毛に対する効果的なマテリアルの分子構造はそのままに、副作用のリスクを完全に抑制して毛母細胞にまで届きやすいものに改良されました。
ミノキシジル誘導体のはたらきは頭皮の血流活性化です。毛母細胞に発毛を早める栄養素を届けるのに、外側からのアプローチだけでは足りません。やはり養分は本来、口から入れたものが体の中で消化され、解体されて全身に届いていくものなので、毛母細胞の活性化にも健全な血液の流れが大切になります。
ただ、頭部は心臓というポンプから引力に逆らって血液を運ばなければならない一番遠い場所です。さらに表情を作るためのややこしい筋肉であったり、脳を保護するための細かな神経が張り巡らされているので、血液循環活性化がされにくいパーツでもあるのです。
この欠点をミノキシジル誘導体が解決してくれます。


>>RHIZOGAINプレミアム育毛キット<<
posted by アルマーニ中毒  at 05:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする